旅行記

JR北海道苗穂工場へキハ285を見に行く

苗穂駅に到着


苗穂駅に到着。

 


あれっ?ボタンを押してもドアが開かない・・・

 


あっ、開いた。
どうやら苗穂駅はドア開閉ボタンでは無く、車掌さんがドアの開閉を行っているようでした。

スポンサーリンク

 


苗穂駅のホームに降り立ちました。

札幌の南平岸駅と苗穂駅。
どちらも、初めての北海道旅行でわざわざ訪ねるという人はまずいないでしょうね。
息子の鉄道愛は、かなりマニアックになっているようです。

 


乗って来た札幌発千歳行き普通列車の731系。

 


運転士さんが指さし確認をして出発。

 


まずは苗穂駅のホームで撮り鉄タイム。

 


季節列車のフラノラベンダーエクスプレスが停めてありました。

 


苗穂駅を通過するキハ261スーパーとかち。

 


苗穂駅脇には色々な列車が停めてありました。

 


雨が降って来ました。
3月9日の札幌で雪では無く雨。
やはり異常気象なんでしょうね。
雨宿りを兼ねて、駅の跨線橋で暫く撮り鉄タイム。

 


駅の跨線橋は雨を凌げるのですが、窓のガラス越しになるので、撮影には向きませんね。

 


苗穂駅舎。
息子に「苗穂へ行きたい」と言われるまで『苗穂』という駅名を聞いたことがありませんでした。
どうやら鉄道ファンにはおなじみの駅のようです。

 

苗穂駅から苗穂工場へ


駅を出てJR北海道苗穂工場へ向かいます。
駅を出た途端、ザーッと雨が降って来ました。
空を見上げると雲は途切れ途切れだったので、すぐにやむだろうと思い、駅前ロータリーにあるコンビニで一服しながら雨宿り。
5分ほどすると、もう傘は必要無いくらいの小降りになったので歩き出しました。
しかし、ここでの雨宿りの5分を、この後すぐ後悔する事になります。

 


JR北海道苗穂工場へは、苗穂駅から300メートルほど札幌方面にある跨線橋を渡って行きます。
跨線橋の手前まで来た時にDD51が札幌方面へ走って行きました。
急いでカメラを取り出してシャッターを切った嫁さん。
かろうじてトワイライトエクスプレスの最後尾車両が写っています。
傘を出すのを面倒に思い雨宿りをしましたが、雨宿りをしなければ跨線橋の上からトワイライトエクスプレスを撮影する事が出来ました。

 


跨線橋に到着。

「雨宿りしなければここでトワイライトエクスプレスを撮れたなぁ」と呟いて、一服した事を後悔。

 


跨線橋をくぐって通過していく列車を撮影。

 


跨線橋から見える札幌の高層ビル群。

 


跨線橋から見た苗穂工場。

 


サッポロビールの煙突が見えました。
方向からいってサッポロビール博物館にある煙突でしょうか。

 

スポンサーリンク


苗穂工場内に停まっている列車を撮影。
赤い711系には黄色い『さよなら711系』のヘッドマークが付いています。
黄色い機関車DE15は列車移動用で苗穂工場専用の機関車。
鉄道ファンから『レモン』と呼ばれているそうです。
錆だらけのまま放置されている列車は廃車にされるのを待っているのでしょうか。

 


息子も跨線橋の金網越しに撮影。

 

キハ285をカメラに収めた


息子が789系に乗る事よりも苗穂へ来たかった理由が、この新型気動車を見る事でした。
次世代新型特急気動車 キハ285試作車です。
開発は中止されてしまったそうで、ここへ来ないと見られない車両です。
キハ285をカメラに収める事が出来て、息子は満足気でした。

 

JR北海道苗穂工場


跨線橋を渡ってJR北海道苗穂工場へ来ました。

 


苗穂工場の敷地内には北海道鉄道技術館が開設されています。

 


北海道鉄道技術館はこのレンガ造りの建物で、明治43年に苗穂工場の用品倉庫として建築されたものだそうです。
なんと築105年!
本当はこの北海道鉄道技術館を見学したいのですが、開館日は毎月第2・第4土曜日のみなので、残念ながら北海道滞在中には見学日がありませんでした。
これは旅行前からわかっていました。
もし第1土曜日に見学出来るのなら、勿論北海道鉄道技術館を見学するべく、3月7日に苗穂へ来るように予定を立てていました。

北海道鉄道技術館に興味を示した方は下記サイトを。
『JR北海道苗穂工場のホームページ』
『北海道鉄道技術館』

 


苗穂工場の中へは入れないので、外から撮影。

 


苗穂工場をあとにして、再度跨線橋を渡って苗穂駅へ戻ります。

 

更に撮り鉄活動


苗穂駅へ戻り、ホームで撮り鉄タイム。

 


789系も通過して行きました。
札幌から新千歳空港までの快速エアポート112号が789系なら良いのですが・・・。

 

札幌駅で北斗星に遭遇


札幌駅に着くと北斗星も到着したところでした。

 

最後のチャンス 789系よ来い!


快速エアポート112号がホームへ入って来ました。
「あぁ~、またナナパーゴだぁ~」
息子はがっかり。
結局789系には乗れずに北海道を離れる事になりました。

 


快速エアポート112号の自由席に乗る為の列が出来ていました。
平日の昼間なのでそんなに混んではいないだろうと思っていましたが、旅行前に息子が言っていた通りでした。
指定券を確保出来ていたので助かりました。
これもツインクルプラザ札幌の天使に感謝。

 

北斗星で行く北海道撮り鉄旅最後の列車に乗る


札幌駅を離れ始めた車内から北斗星を撮影する嫁さん。

 


息子は撮った写真を確認していました。

 


列車が札幌駅を発車して速度を上げていきます。
北海道旅行ももう終わっちゃうんだなぁと、寂しい気持ちになります。

 


新千歳空港駅に到着。
これで北海道での鉄道乗車は終了です。

 


列車を降りて駅から空港へ移動です。
ホームにあるキオスクが見た事のない形をしていました。

続きは下のリンクからどうぞ
さようなら北海道 息子が初めて飛行機に乗る

スポンサーリンク

-旅行記
-,

© 2021 RAYの遊びdeGO