アトムを作ろう

鉄腕アトムを作ろう! 創刊号 人工知能ロボットATOM

週刊鉄腕アトムを作ろう!の創刊号の紹介と、ロビ2との比較をお伝えします。

パッケージ


創刊号のパッケージは、10cm程の厚みのある箱です。

スポンサーリンク

パーツ


創刊号にはこの4つが入っていました。


スタートアップDVDです。
これから作るアトムの紹介と、1963年版・1980年版・2003年版それぞれのテレビアニメシリーズの第1話が収録されています。


ビスケースです。


ビスを保管するケースです。

以上の2点は、パーツではなく、初回のプレゼントですね。


パーツとしては2点で、顔とまつ毛のシールです。

組み立て作業


眠った顔を表現するまつ毛を貼ります。


創刊号の組み立て作業はこれで終了です。

この眠った顔は実際のロボットに使用するものでは無く、サーボモーターに個別IDを書き込むチェックスタンドに使用するものです。

スポンサーリンク

マガジン


創刊号のマガジン『AIと家族になろう!』です。

アトムの機能紹介

1)基本機能
本体だけで楽しめる機能で、二足歩行やダンスなどの動きと、会話が出来る事が、基本機能として備わっている二大機能です。
2)拡張機能
Wi-Fi環境下で楽しめる機能で、12人までの顔を認識して、相手に合わせた話題で会話が出来ます。
3)発展機能
有料ではあるけれど、クラウドサービスに加入すると楽しめる機能で、ネットの情報を取得して、天気や行楽情報などを答えてくれるようになります。

ATOMを支える日本の専門企業5社

ATOMを開発した5社の紹介

制作カレンダー

右腕の組み立てが今年8月上旬に完成してから、ATOMが目覚める来年9月までの予定が記されています。

スペシャルインタビュー

鉄腕アトムの原作者手塚治虫の長男である手塚眞氏のインタビューが掲載されています。

鉄腕アトムの軌跡

1951年の『アトム大使』から2017年の『週刊鉄腕アトムを作ろう!』創刊までの年表。

組み立てガイド

今回は左右の目にシールを貼るだけでしたが、それでも1ページを丸々使って、丁寧に説明しています。

定期購読とプレゼントの案内と、それらの応募はがき

操作マニュアル

マニュアルの最初は『自己診断してみよう』です。
「アトム」と呼び掛けて、「ハイ!」と返事をされたら、「自己診断して」と話しかけます。
体を動かしながら、サーボモーターやネットワーク環境などをひとつひとつチェックしていくようです。

創刊号の感想

アトムを完成させるかどうかは別として、アトムファンだったら、この創刊号はDVDとマガジンだけでも購入する価値があると思います。
特にアトムファンではないけれど、ロボットに興味があって、いつかは2足歩行ロボットを作ってみたいと思っていた人は、6月から始まるデアゴスティーニの『ロビ2』と『アトム』とを比較したいのではないでしょうか。

『アトム』と『ロビ2』の比較

『アトム』
『ロビ2』

初代ロビはコミュニケーションロボットの先駆けとして、多大な功績を残したと思いますが、機能を絞った構成だったので、わたしには今一つ、購入するまでの魅力を感じませんでした。
しかし、新しいロビ2は、アトムの機能を意識したのか、顔認識などの機能を追加しています。

【価格】
『アトム』 199,206円
『ロビ2』 171,327円
アトムの方が27,879円高いですね。

【完成予定】
『アトム』 2018年9月
『ロビ2』 2018年12月

【サイズ】
『アトム』 身長約44cm 体重約1.4kg
『ロビ2』 身長約34cm 体重約1.0kg

アトムとロビ2の一番大きな違いは、会話能力でしょう。
完成されているロビ2の会話能力と、AIで会話能力が進歩していくアトム。
アトムは、話す相手に応じた話題で会話をして、会話量によって、会話の中身が深まります。

ロビ2はネット環境が必要無いという事なので、物を調べて教えてくれるという事は出来ないのでしょう。
アトムはネットに繋がっていれば、調べて答えてくれるのではないかと思います。

ロビ2はオリジナルデザインなので、動きの制約が少ない形をしていますが、アトムは原作のイメージを壊さないようにデザインをしなければならなかったので、動きに制約があります。
体の動きに関してはロビ2の方がより多くのポーズをとる事が出来ると思います。

ロビのオーナーによるロビクラブは魅力的です。
アトムオーナーズクラブを作って、情報交換の場を提供して欲しいと思います。

まとめ

アトムは液晶ディスプレイが搭載されていてネットワーク接続が可能なので、拡張性が高く、完成後のアップデートで機能が追加されるという楽しみがあります。
なにより、「鉄腕アトム」が自分の手で作れるという喜びが一番大きいと思います。

ロビ2は、15万体売れたロビの、ロボットとしての基本性能の高さを継承する、ノウハウの蓄積が土台にあるという安心感が大きいですね。

続きはこちらです。
鉄腕アトムを作ろう! 第2号 ボク、ATOM あなたを覚えて名前も呼ぶよ!

スポンサーリンク

-アトムを作ろう

© 2021 RAYの遊びdeGO