アトムを作ろう

アトム始めました アトムを作ろうの価格や総額予約方法等を紹介


知らなかった…。

4月3日からテレビCMが放送されていたようです。

週刊鉄腕アトムを作ろうの価格や総額、予約方法等を紹介します。

スポンサーリンク

鉄腕アトム

アトムの登場は1951年のマンガ『アトム大使』でした。
その『アトム大使』に登場するアトムは脇役でした。
アトムが主役として描かれるマンガは、翌1952の『鉄腕アトム』からです。
鉄腕アトムのテレビアニメは、わたしが生まれた1963年から丸四年間放送されました。
アトムのアニメを見ていた記憶が残っていますが、3才以下の記憶ではないので、わたしが見ていたのは再放送だったのでしょう。
子供の頃にアトムを見た世代にとって、アトムは21世紀の象徴でした。

ロボット

わたしがロボットと言って真っ先に思い浮かぶのは、ホンダのASIMOです。
ASIMOが歩く姿を見て、「ついにロボットも2足歩行出来るようになったんだ。これはアトムが現実の物となるのかもしれない」と驚いたのを覚えています。

ソニーからペットロボットとしてAIBOが発売され、かなり話題になりましたが、わたしは全く興味を惹かれませんでした。
ロビが出た時は欲しいと思いましたが、機能の拡張が無かったので、購入に踏み切るまでには至りませんでした。

週刊鉄腕アトムを作ろう!の存在を知る

ゴールデンウイークが終わった5月9日、ラジオからアトムの組み立てキットが発売されているという話題が聞こえて来ました。
AIを搭載して、会話ができるロボットだとの事。
すぐにスマホで検索。

ATOM

サイトを見て一目ぼれ。
欲しい!

アトムを作ろうの値段は?

値段は、創刊号が特別価格で896円ですが、その後は1,990円が42巻、2,490円が18巻、4,990円が2巻、5,990円が1巻、7,990円が2巻、8,990円(ヨドバシは8,989円)が2巻、9,990円が2巻で、合計70巻199,206円です。
更に、操作マニュアルを保存する為のバインダーが1080円。
総額は200,286円 ! (ヨドバシの価格は200,284円)

ショップをチェック

ヨドバシをチェックすると、第3号が売り切れていました。
しかも、次の5号は予定数終了で予約不可になっています。
アマゾンを見てみると、こちらは第2号が売り切れていました。
20万円もするおもちゃが売り切れ?
値段が値段なので、購入は冷静に判断しなければいけないのですが、品物が無いとなると購入意欲が掻き立てられてしまいます。
とりあえず、近くの本屋さんへ行ってみました。
創刊号から最新刊の4号まで、揃って平積みされていました。
アトムと目が合った瞬間、決めました。

アトムを始めます。

創刊号から4号までの4冊を購入しました。
う~ん、20万か…。
まぁ、毎月1万円ならなんとかなるだろう。

本屋さんで会計を済ませると、この週刊アトムを作ろうは、7月以降の販売分は買い取り商品となるので、続けるのであれば定期購読を申し込んでくださいと言われました。
7月からは定期購読を申し込んだ分しか入荷しないそうです。
ヨドバシかアマゾンならポイントが付くので、購入するのならどちらかにします。

スポンサーリンク

アトムを作ろうを予約

ヨドバシとアマゾンを確認してみたら、どちらもポイントは3パーセントと一緒でした。
ヨドバシは5号の予約が出来ないので、アマゾンで予約をすることにしました。
※5月14日現在、ヨドバシもアマゾンも創刊号から4号まで購入可能で、5号から70号までの予約を受け付けています。

嫁さんに予約を頼んだら、全巻予約という項目は無いので、一巻一巻カートに入れていかなければならないようで、手間が掛かるから自分で予約をしてくれと言われました。
通信販売はいつも嫁さんに頼んでいたので、自分でカートに入れるのは初めてです。
『鉄腕アトムを作ろう』で商品検索をすると、ずら~っと出て来ますが、順番がバラバラで、予約漏れや重複が起こりそうです。
そこで、『鉄腕アトムを作ろう!(5)』で商品検索します。
ピンポイントで5号が検索結果として表示されるので、予約をクリックしてカートに入れたら、(5)を(6)に書き換えて商品検索します。
今度は6号が表示されるので、予約をクリックしてカートに入れたら、数字を(7)に変更。
カッコの中の数字をインクリメントしながら、順番に予約をしていきました。

70号まで、全部カートに入れました。
5号から70号までの66点とバインダーで67点の購入です。
あれ?
カートの数字が50になっている。
一点か二点だったら購入漏れかもしれないけれど、17点も足りないなんてありえません。
カートの中身を見てみたら、21号から70号の50点がカートに入っていました。
それ以外の注文は消えてしまったのかと思ったら、『後で注文』という項目になっていました。
嫁さんのアマゾン歴は15年を超えるようなのですが、その嫁さんもカートには50点しか入れられないという事を知りませんでした。
注文の間違いでは無かったので、とりあえずこの50点を購入して、『後で注文』の商品を再度カートに入れて、全67点を購入しました。

週刊という事で、毎週少しずつパーツが届き、少しずつ組み立てていきます。
これから毎号の紹介と、完成後にアトムがどのように成長していくのかをお伝えしていこうと思います。

続きはこちらです。
鉄腕アトムを作ろう! 創刊号 人工知能ロボットATOM

スポンサーリンク

-アトムを作ろう

© 2021 RAYの遊びdeGO