パソコン

初めてのゲーミングパソコン BTOでカスタマイズに初挑戦

まったく知識が無いわたしが初めてのゲーミングパソコンをBTOショップで購入するまでのドキュメント。BTOネットショップで、実際にカスタマイズしてみました。

BTOネットショップでカスタマイズに挑戦

【OS】 ウインドウズ10 Home64bit
【CPU】 Core i7
【CPUクーラー】 静音高性能CPUクーラー
【CPUグリス】 高性能熱伝導グリス
【メモリ】 DDR4 16GB
【グラフィックボード】 GeForce GTX1060
【VRAM】 6GB
【SSD】 240GB
【HDD】 1TB
【冷却ファン】 増設
【電源ユニット】 80PLUS 600W

小型ケースにこれらのパーツを組み込む事が出来るのでしょうか。
BTOのカスタマイズに初挑戦します。

スポンサーリンク

FRONTIER GTシリーズ

FRONTIER GTシリーズ
サイズ 160(幅)× 343(奥行き)× 278(高さ) mm

小型ゲーミングパソコンのサイズを調べた中で、一番高さの低いFRONTIER GTシリーズが第一候補です。

基本モデル
CPU インテル® Core™ i3-6100 プロセッサー
メモリ 4GB(4GB×1)
SSD -
HDD 500GB
グラフィック インテル® HD グラフィックス 530
おすすめ構成 A
CPU インテル® Core™ i5-6400 プロセッサー
メモリ 8GB(4GB×2)
SSD -
HDD 1TB
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 1050
おすすめ構成 B
CPU インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー
メモリ 16GB(8GB×2)
SSD 275GB
HDD 1TB
グラフィック GeForce® GTX 1060 (6GB)

この3モデルを基にカスタマイズしていくんですね。
おすすめ構成 B がわたしの求める構成なので、このモデルをベースにカスタマイズします。

FRONTIERのネットショップは、以下のバナーをクリックすると見ることができます。

カスタマイズ項目を一つずつ確認していきます。
CPUクーラーはカスタマイズ出来ずに『標準CPUクーラー』のみの構成になっています。
せめて品番が記載されていれば、冷却性能を調べるのですが…。
更にCPUグリスの項目がありません。
パソコンの寿命を縮める要因として大きいのは熱の影響です。
ただでさえ排熱に気を使わなければならない小型ケースなのに、CPUクーラーもCPUグリスもカスタマイズ出来ない事に不安を感じます。
保証は1年間センドバック保証が付いています。
延長保証は3年間センドバック保証が1万円で付けられますが、その場合でもHDDのみは1年保証となります。
他のBTOネットショップの延長保証を見ても、HDDのみ1年保証とはなっていません。HDDも3年保証しています。
やはり、熱の影響を考慮しての措置なのでしょうか。
排熱の不安を拭えないので、このモデルの購入は止める事にしました。

パソコン工房 LEVEL∞ Cシリーズ

パソコン工房 LEVEL∞ Cシリーズ
サイズ 178(幅)× 388(奥行き)× 296(高さ) mm

次に高さの低いこのモデルをカスタマイズします。

Lev-C111-LCi7-VNR
CPU インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー
グラフィック GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X
チップセット インテル H110 Express
SSD 240GB Serial-ATA SSD
ドライブ オプションで選択可能
メモリ DDR3L 8GB(4GB×2)
電源 500W 80PLUS SILVER
Lev-C111-i5-RN
CPU インテル® Core™ i5-6500 プロセッサー
グラフィック GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
チップセット インテル H110 Express
HDD 1TB HDD
ドライブ オプションで選択可能
メモリ DDR3L 8GB(4GB×2)
電源 500W 80PLUS SILVER
Lev-C111-i3-LN
CPU インテル® Core™ i3-6100 プロセッサー
グラフィック GeForce GTX 1050 2GB GDDR5
チップセット インテル H110 Express
SSD 1TB HDD
ドライブ オプションで選択可能
メモリ DDR4 8GB(4GB×2)
電源 500W 80PLUS SILVER

ラインナップはこの3モデルです。

 

パソコン工房のネットショップは、以下のバナーをクリックすると見ることができます。

パソコン工房「総額3億円分早い者勝ち!最大20%還元」キャンペーン
 

Core™ i7 と GeForce GTX 1060 の組み合わせがありません。
どちらかのモデルをベースにカスタマイズして、Core™ i7 と GeForce GTX 1060 の組み合わせにします。
CPUはカスタマイズ出来ないので、Core™ i7 モデルのグラフィックボードを GeForce GTX 1060 に変更します。
【CPUグリス】
『標準グリス (基本構成)』を『熱伝導率が標準グリスの約15倍! シルバーグリス Arctic Silver 5 塗布サービス[ 高密度微粒子がもたらす冷却性! ][+1,380円]』にカスタマイズ。
【CPUクーラー】
『標準(リテール)クラスCPUクーラー (基本構成)』を『冷却性能と静音性アップ・手間いらずのメンテナンスフリー式を採用 12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー[+7,480円]』にカスタマイズ。
なんとCPUクーラーが水冷です。
水冷のCPUクーラーがあるんですね。
冷却性能が知りたいのですが、メーカー名や型番の表記が無いので、どんなCPUクーラーなのかわかりません。
『CPUクーラー 水冷 評価』で検索して、水冷CPUクーラーについて調べました。

『簡易水冷は必ず劣化して、メンテナンスフリーを謳っている製品でも、保証期間を過ぎると故障する』

このような意見を複数見つけました。
冷却性能は確かに空冷よりも高いようです。
しかし、初心者に水冷CPUクーラーはすすめないとの意見もありました。
ちょっと不安です。

【メモリ】
厳選メモリ DDR3L-1600 4GB×2(デュアルチャンネル/計8GB) (基本構成)

DDR4規格のメモリは設定されていません。
メモリの読み書き速度が倍違うのですから、DDR3はパスです。

水冷CPUクーラーとDDR3のメモリにより、このモデルの購入は止めました。
やはり、小型ケースはカスタマイズ出来る選択肢が少ないのでしょうか。

スポンサーリンク

ドスパラ GALLERIA MT

ドスパラ GALLERIA MT
サイズ 185(幅)× 395(奥行き)× 370(高さ) mm

小型過ぎて、思った構成に出来ないのかと思い、コンパクトゲーミングパソコンで検索した中では一番大きなこのモデルでカスタマイズしてみます。
【メモリ】
基本構成『8GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/4GBx2/デュアルチャネル)』を『16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル) +8,980円(+税)』にカスタマイズ。
【電源】
『AcBel 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA013)』が基本構成です。
これでも性能としては問題無いようですが、冷却性能を上げるためにファンを増設するので、『オウルテック 550W 静音電源 (80PLUS PLATINUM / PT-550M) +7,980円(+税)』にカスタマイズします。
【CPUファン】
これはCPUクーラーの事ですね。
静音パックの詳細
これを見たら『静音パックまんぞくコース (高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ) +3,953円(+税)』にカスタマイズするしかありませんね。
【CPUグリス】
カスタマイズ項目の説明によると『高熱伝導率ナノダイヤモンドグリスの熱伝導率は標準グリスの約20倍!』という事なので、『高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7(20nmの超微細 人工ナノダイヤモンドパウダー含有グリス) +1,880円(+税)』にカスタマイズします。
【SSD】
基本構成は『250GB SSD』となっているだけです。
容量は問題ないのですが、選択肢には同じ容量で『インテル 240GB (540sシリーズ) +3,000円(+税)』と『Samsung 250GB (850 EVOシリーズ) +2,500円(+税)』があります。
基本構成にはメーカーも品番も明記されていないので、カスタマイズするべきか、判断しかねます。
気休めかもしれませんが、『インテル 240GB (540sシリーズ) +3,000円(+税)』にカスタマイズしてみます。
【HDD/SSD】
『1TB HDD (SATA6Gb/s対応)』が基本構成です。
これで十分です。
【グラフィックボード】
ベースモデルが『NVIDIA GeForce GTX1060 6GB』搭載機なので、このままです。

ケースファンの増設が出来ないようですが、それ以外は希望のカスタマイズが出来ました。
合  計 173,633円(税込)
送  料 2,160円(税込)
えっ、高い!
予算はディスプレイ込みで15万円です。
これでは20万円になってしまいます。
値段はともかく、とりあえずこのモデルはキープです。

G-Tune LITTLEGEAR

G-Tune LITTLEGEAR i310SA6-KZ
サイズ 178(幅)× 395(奥行き)× 330(高さ) mm

GALLERIA MT でカスタマイズ出来たので、次に小さいこのモデルでも、同じカスタマイズが出来るか、試してみます。

【CPUファン】
選択肢はなく、『LGA 1151用 CPU FAN』というものが設定されています。
やはり小型ケースゆえに、スペースの都合で、高性能CPUクーラーは取り付けられないのでしょう。
【CPUグリス】
『標準CPUグリス』を『高熱伝導率 ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7 ¥ 1,600』にカスタマイズ。
【メモリ】
16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) / デュアルチャネル ]が基本構成なので、このままでOKです。
【SSD】
基本構成は『240GB SSD ( 弊社指定ブランド / 6Gbps 対応 )』となっています。
SanDisk X400 シリーズにカスタマイズ出来ます。
SanDisk X400 シリーズのレビューを見ると、5年のメーカー保証があるようです。
ここも気休めかもしれませんが、5年メーカー保証が付けられるだけの品質だと思い、『256GB SSD ( SanDisk X400 シリーズ ) ¥ 2,800』にカスタマイズします。
【HDD】
2TB ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )が標準装備です。
【グラフィックス】
『NVIDIA GeForce GTX1060 / 3GB 』が標準で、6GBへの変更は出来ません。
グラフィックボードは妥協したくないのですが、仕方ありません。
【電源】
『500W 電源 ( 80PLUS(R) SILVER )』が基本構成です。
カスタマイズ出来るのは『500W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )』のみ。
容量の大きな電源が選択できないのは、やはりスペースの関係なのでしょうか。

商品小計 ¥137,200(税別)
送料/手数料 ¥3,000(税別)
消費税 ¥11,216
合計 ¥151,416(税込)

マウスコンピューターのネットショップは、以下のバナーをクリックすると見ることができます。

G-Tune
 

グラフィックボードのVRAMが3GBなのと、CPUクーラーの冷却性能に不安が残ります。
延長で3年保証が付けられるので、大丈夫なのかもしれませんが、排熱が心配なので、このモデルの購入は保留します。

やはり小型ケースで思うようにカスタマイズする事は難しいのかもしれません。
残るはTSUKUMOのG-GEAR miniです。
G-Tune LITTLEGEAR より、ほんの少しですが小さいので、多分ダメだろうと思いますが、一応G-GEAR miniでもカスタマイズしてみます。
これがダメだったら、どれかの性能を妥協するか、小型ケースは諦めてタワー型のパソコンにするかです。

続きはこちらからどうぞ
初めてのゲーミングパソコン BTOネットショップでカスタマイズし注文する

スポンサーリンク

-パソコン

© 2021 RAYの遊びdeGO