パソコン

CPU温度を常に表示させる方法

※今でもこの記事がアクセス数の上位に居るので、Core Temp に変更が無いか確認したところ、新しいバージョンになっていました。
導入に際しては大きな違いは無いのですが、何ヶ所か表示が変わっているところがあったので、2021年8月5日に記事を修正しました。

 

スポンサーリンク

 
 

Core Temp 導入

Core Temp をダウンロード

CoreTemp ダウンロードサイト

   ↑

上記ダウンロードサイトのリンクをクリック。

 


Core Temp ダウンロードサイトが開きます。
2021年8月5日現在、最新バージョンは【1.17.1】です。
矢印のをダウンロードをクリック。

 


こんなのが出て来ても【インストールする】をクリック。

Microsoft Store のアプリのみに限定したいのならWindowsにも標準でこういう便利な機能を搭載すればいいのに・・・

 


【はい】をクリック。

 


インストーラーに日本語は無いので、このまま【OK】をクリック。

 


【Next】をクリック。

 


『 I accept the agreement 』(利用規約に同意)をチェックして【Next】をクリック。

 


1番目と4番目にチェックが入っていて、2番目にはチェックされていない事を確認して【Next】をクリック。

 


これでインストールの準備は完了。
【Install】をクリック。

 


【Next】をクリック。

 


Readmeは特に必要無いのでチェックを外して【Finish】をクリック。

これでインストールは完了。

 

スポンサーリンク

 

Core Temp の設定


デスクトップに出来たCore Temp のアイコンをクリック。

 


【はい】をクリック。

 


Core Temp が立ち上がるので、【オプション】→【設定】をクリック。

 


【全般】タブの『Windows 起動時に Core Temp を実行』にチェックを入れて【適用】をクリック。

 


【表示】タブの『Core Temp を最小化して開始』と『Core Temp をシステムトレイに閉じる』にチェックを入れて【適用】をクリック。

 


【通知領域】タブで『すべてのコア』から『最高温度』に変更して【適用】をクリック。
最後に【OK】をクリック。

 


Core Temp の最小化(一番上の【-】)をクリック。

これで Core Temp の設定は完了。

 

タスクバーにCPU温度を常に表示させる


タスクバーの何も無いところを右クリック。

 


【タスクバーの設定】をクリック。

 


【タスクバーに表示するアイコンを選択します】をクリック。

 


CPUの温度が表示されているスイッチがオフになっているので、ここをクリック。

 


スイッチがオンに変わります。

 


  ↓

これでタスクトレイにCPU温度が常に表示されるようになります。

 

スポンサーリンク

-パソコン

© 2021 RAYの遊びdeGO