パソコン

のし袋に『優勝』と印字するフリーソフト
【Aprint】の紹介

今期から会社の将棋部の副部長をやる事になりました。
先日、副部長になって最初のトーナメントを開催しました。


以前の将棋部役員はこのように賞金ののし袋に『優勝』や『準優勝』と手書きで書いていました。

字の汚いわたしには手書きなど到底無理です。
そこで、パソコンを使って印字出来ないかと考えました。
しかし、のし袋の大きさは定型では無いうえにのしと水引が印刷されているので、筆まめなどの定番のアプリでは文字がのしに重なったりして上手くプリントできませんでした。

普通のはがきや封筒の宛名印刷では無く、のし袋に印刷する為のアプリがあったらいいのにと思って検索してみたらピッタリのアプリを見つけたので紹介します。

スポンサーリンク

Aprintの紹介

Aprintは無限夢源さんが作成したフリーソフトで、定型の封筒やはがきの宛名や差出人の印刷は勿論、のし袋や振込用紙などにも対応して、配置や文字の大きさを変えることが出来るアプリです。
このAprintを使うと、文字の大きさや印字位置の微妙なバランスを整えて印字する事が出来ます。

 
 

Aprintのダウンロード

『Aprint公式ページ』

上記公式ページにアプリのダウンロードのリンクが貼ってありますが、何故かChromeではダウンロードできないようです。

 
 

『窓の杜 Aprintダウンロードサイト』

公式ページのリンクからダウンロードできない場合は上記『窓の杜 Aprintダウンロードサイト』からダウンロードします。

 
 


ダウンロード先を指定します。
特にダウンロード先のフォルダー指定が無ければこのまま【保存】をクリック。

 
 


【インストールする】をクリック。

 
 


【はい】をクリック。

 
 


【次へ】をクリックしてインストールを進めます。
最後に【完了】をクリックしてインストール完了です。

 

スポンサーリンク

 

Aprintの起動


タスクバーのウインドウズマークをクリック。

 
 


【Aprint】をクリック。

 
 


このAprintのマークをクリック。

 
 


Aprintが起動しました。
作業ウインドウとプレビューウインドウが表示されます。
最初はプレビューウインドウに『初めての方へ』という説明が表示されます。
説明によると最初にAprintのデータファイルを作成するように指示されています。

 
 


まずはAprintのデータファイル保存用に『賞金のし袋表書き』というフォルダーを作りました。

 
 


会社名に『足立将棋倶楽部』と入力して、上にある【新規作成】ボタンをクリックします。

 
 


『宛先ファイルを作成する』ウインドウが開くので、保続先のフォルダーを指定して『のし袋表書き』というファイル名を入力して【保存】をクリック。

 
 


【OK】をクリック。

 
 


プレビューウインドウに会社名欄に入力した文字が表示されました。

 
 


保存先に指定したフォルダーにファイルが作られました。

 
 

Aprintで印刷できる物


宛名印刷は封筒やはがきが20種類プリセットされていて、その他に自由サイズを登録する事も出来ます。

 
 


ラベルシールへの印刷も出来ます。

以上のものは年賀状などを印刷している方にとっては出来て当たり前の物でしょう。
それではお目当てののし袋への印刷方法を紹介していきます。

 
 

のし袋への印刷

印刷対象切替


まずは『印刷対象切替』タブの中から【のし】をクリック。

 
 


作業ウインドウがのしに変わり、プレビューウインドウものしになりました。

 
 

のし袋のサイズ


今回使うのし袋はダイソーで購入した御祝用金封です。

 
 


幅は90mm。

 
 


長さは178mmです。

 
 


12種類のサイズがプリセットされています。

 
 

 長さ
のし袋105185
A5判210148
B5判257182
A4判297210
B4判364257
A3判420297
切手判273195
半紙判317227
美濃判390273
反物判448327
中杉判455317
大杉判540395
プリセットの中にはダイソーののし袋のサイズはありません。

 
 

サイズ設定

プリセットにダイソーののし袋のサイズは無いので、自由サイズを登録します。

 
 


サイズの判名部分をクリックするとプルダウンメニューが開くので【自由サイズ登録】をクリック。

 
 


名称欄にレイアウトの名前を入力し、幅と長さをダイソーのし袋のサイズに設定して【追加】ボタンをクリック。

 
 


サイズのプルダウンメニューに【ダイソーのし袋】が追加されました。

 
 


【ダイソーのし袋】をクリックすると袋のサイズが設定したサイズに変更されます。

 
 

印字内容を入力


枠に文字を入力すると、対応する枠に文字が表示されます。

 
 


緑枠に『優勝』、黄枠に『社長杯トーナメント』、青枠に『足立将棋倶楽部』、赤枠に『令和三年十一月二十一日』と入力しました。
プレビューウインドウに入力した文字が表示されます。

 
 


【フォント】ボタンをクリックするとフォントを変えることが出来ます。

 
 


フォント選択ウインドウが開くのでフォントを指定して【OK】ボタンをクリックするとフォントが変更されます。

 
 


書体がゴシックから行書体に変更されました。

 
 


全ての枠を行書体に変更しました。

 
 


書体を変更するとプレビューウインドウに反映されます。

 
 

試し刷り 1


紙をのし袋の形に切って試し刷りしてみました。
『社長杯トーナメント』が熨斗に重なっています。
『優勝』は少し小さいと感じます。

 
 

文字のサイズと位置を調整


プレビューウインドウの枠にマウスカーソルを合わせると矢印が表示されるので、ドラッグして枠の大きさを変えると変えた枠に合わせて文字の大きさが変わります。

 
 


マウスカーソルを枠の中に持って行くと十字の矢印マークが表示されるので、ドラッグして位置を動かします。

 
 


文字を大きくするために枠を左上に引っ張ったので『優勝』と『足立将棋倶楽部』が中心より少し左にずれてしまいました。

 
 


中心に印字したい枠の【センタリング】にチェックを入れると・・・

 
 


文字が中心に設置されます。

 
 

試し刷り 2


文字の大きさと位置を調整しました。
これなら良さそうです。

 
 

のし袋に印刷


優勝賞金を入れるのし袋の完成です。

 
 

保存


左上のマークがファイル操作のボタンになっています。

 
 


ファイルボタンをクリックするとプルダウンメニューが表示されるので、【名前を付けて保存】をクリック。

 
 


保存先フォルダーを指定してファイル名を付け【保存】ボタンをクリック。

 
 


データが保存されました。
次回はこのファイルをクリックすればAprintが起動して、このデータのプレビューウインドウが開きます。

 
 

文字の色も別々に設定出来る


【文字色】ボタンをクリック。

 
 


色の設定ウインドウが開くので色を選んで【OK】ボタンをクリックすると、文字が選んだ色に変わります。

 
 


4つの枠それぞれ別のフォント、別の色に設定することが出来ます。

 
 

まとめ

Aprintはわかりやすい直感的な操作で、文字の大きさや位置を微調整して印刷出来る優れものです。
自由サイズの設定は幅40mmから999mm、長さ70mmから999mmまで出来ます。
のし袋への印刷だけではなく、オフ会などの時の名札などアイデア次第で色々な物を作れると思います。

 
 

    ACTION AFFINGER6EX
カスタマイズできるサイトが作りたい
アフィリエイトで稼ぐブログを作りたい
効果のあるお店のホームページが作りたい
タイプの異なるサイトを効率的に作りたい

AFFINGER6EX 公式ページ

「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ


        XSERVER
国内シェア No.1
サーバー速度 No.1
運用サイト数220万件

エックスサーバー 公式ページ

WordPressがサクサク動く!

スポンサーリンク

-パソコン

© 2022 RAYの遊びdeGO