パソコン

初めてのゲーミングパソコン A列車で行こう9について調べる

A列車で行こう9 Version4.0 に必要なグラフィックボード

A列車で行こう9 Version4.0 を遊ぶ為には、どんなパソコンを買えばいいのでしょうか。

A列車で行こう9 Version4.0 の動作環境

『A列車で行こう9』公式サイト

この公式サイトによると、動作環境が2種類載っています。

[必須動作環境]
■OS:Windows 10 / 8.1 / 8 / 7(いずれも64bit版 & 32bit版)/ Vista / XP
 ※Vista、XPは32bitのみ対応 / Windows RTには非対応
■DirectX:DirectX9.0c以上
■CPU:Core 2 Duo
■メモリ:2GB以上
■HDD空容量:1.4GB以上
■VRAM:512MB以上
■ビデオカード:GeForce 9シリーズ以降(2008年以降)、
 RADEON HD4000シリーズ以降(2008年以降)のビデオカード
■ディスプレイ:1280×720ピクセル以上
■サウンド:Direct Sound対応
■入力機器:キーボードおよびホイール付マウス
■その他:インストール時にDVD-ROMドライブ必須、認証時にインターネット環境が必須

必須動作環境は最低限動くというスペックなので、この環境ではサクサクとは動かないようです。

スポンサーリンク

[推奨動作環境]
■OS:Windows 10 / 8.1 / 8 / 7(いずれも64bit版 & 32bit版)
■DirectX:DirectX9.0c以上
■CPU:Core i7-860(2.80GHz)
■メモリ:3GB以上
■HDD空容量:1.4GB以上
■VRAM:1GB以上
■ビデオカード:GeForce GTX 650(4K出力時:GeForce GTX 760 )
■ディスプレイ:1920×1080ピクセル以上(4K出力時:4K対応モニタ)
■サウンド:Direct Sound対応
■入力機器:キーボードおよびホイール付マウス
■その他:インストール時にDVD-ROMドライブ必須、認証時にインターネット環境が必須

このスペックが、『A列車で行こう9』を遊ぶための最低限のスペックで、これでも列車の数が多くなってくると、スムーズな動きは出来なくなるようです。

A列車で行こう9 Version4.0 のベンチマーク

A列車で行こう9では、パソコンのスペックを調べられるようにビュアーソフトが公開されています。

『A列車で行こう9 ビュアー』

嫁さんのパソコンがどの位の性能なのかを調べます。
嫁さんのパソコンは『HP Pavilion Gaming 15-ak000』です。

■OS:Windows 10 64bit版
■CPU:Core i7-6700HQ (2.6GHz~3.5GHz、4コア/8スレッド)
■メモリ:8GB
■ストレージ:SSD 128 GB:HDD 1TB
■グラフィックボード:GeForce GTX 950M
■VRAM:4GB

このパソコンに23インチの1920×1080ピクセルのフルハイビジョンディスプレイでA列車で行こう9 ビュアーを走らせました。
設定は簡易設定高で、VSyncは「なし」です。


多分V4が Version4.0 でV3が Version3.0 だと思います。

スポンサーリンク

fpsとは、『frame per second』の略で、訳すと『毎秒フレーム』とでもなるのでしょうか。
要するに、1秒間に描画する画像の数の事です。
嫁さんのパソコンでは、Version4.0 のオープニングムービーの描画能力は31.1fpsで、これはVersion4.0 のオープニングムービー全体の平均値です。


シーンによってはfpsが10台前半まで落ち込みました。

快適なfpsはどのくらい?

テレビ放送は約30fpsで、アニメなどは約24fpsなので、30fps以上ならば、自然な動画として見られるようです。
実際にA9ビュアーを見てみると、20fps台後半あれば、そんなに不自然には感じませんでしたが、10fps台まで落ち込んだシーンでは、動きがカクカクとして不自然に感じました。
A列車で行こうを快適に遊ぶ目安は、処理が重くなるシーンでも25fps以上のフレームレートが出せるスペックのパソコンだというのが、わたしの結論です。

必要なグラフィックボードは?

嫁さんのパソコンでは、A列車で行こう9V4の処理が重くなるシーンでは、最低13fpsになっていました。
このパソコンの倍のフレームレートを出せる能力のグラフィックボードを選ぼうと思います。
嫁さんのパソコンのグラフィックボードはGeForce GTX 950Mです。
GTX950とGTX950Mの性能差がわからないので、GTX950を参考にします。

mouseコンピューターのゲーミングパソコンブランド『G-Tune』のページに、グラフィックボードの性能を比較した表がありました。

『G-Tune ベンチマークスコア』

GeForce GTX 950 のスコアは6204です。
6204×2で、12400が目安です。
GeForce GTX 1050 は6836なので、快適環境にはちょっとスペック不足です。
GeForce GTX 1060 は、3GBが12232、6GBが12924です。

わたしが初めて購入するゲーミングパソコンは、GeForce GTX 1060 搭載機に決定です。

ツクモネットショップ

続きはこちらから
初めてのゲーミングパソコン BTOショップを訪れる

A列車で行こう9Version5.0のベンチマークはこちら
新しくなったA列車で行こう9のビュアーで求められるスペックを確認

スポンサーリンク

-パソコン

© 2021 RAYの遊びdeGO