Nゲージ

【Nゲージ】さよなら北斗星セット
EF510 カプラー交換

DD51のカプラー交換に挑戦しました。
以外に簡単だったので、EF510のカプラーもTNカプラーに交換しようと思います。

 

乗車した北斗星のEF510


北斗星色のEF510は車体の左右でデザインが違います。

 


乗車した北斗星は下りなので、青森側が前です。

 

スポンサーリンク

 

購入時のカプラー


トミックス『さよなら北斗星セット』は北斗星最終列車をモデル化したものです。
ですから車両は札幌発上野行きの上り列車を想定しています。
EF510も当然上野方面が前という設定なので、上野側に短いTNカプラーが付いています。
このままアーノルドカプラーをTNカプラーに交換しただけでは、短いTNカプラーが電源車と連結される事になります。
したがって、上野側に付いている短いTNカプラーを青森側に移して、上野側には通常のTNカプラーを付ける事にします。

 

スポンサーリンク

 

カプラー交換


DD51のカプラーとは取り付け方が違うんですね。

 

ボディーの取り外し


ボディーを少し広げるようにすると動力ユニットが外れます。

 

スカートの取り外し


スカート部を前方に引っ張って外します。

 

カプラー復元バネの取り外し


カプラー復元バネを取り外します。

 

スノープラウの取り外し


スノープラウのツメを外して、スカートからスノープラウを外します。
するとスノープラウと一緒にカプラーも外れます。

 

カプラーの交換


アーノルドカプラーをTNカプラーに付け替えます。

 

スノープラウをスカートに取り付ける


スノープラウのツメをスカートの穴に差し込んで固定します。

 

カプラー復元バネの取り付け


カプラー復元バネを取り付けます。

 

スカートの取り付け


スカートを動力ユニットに取り付けます。

 

ボディーの取り付け

動力ユニットとボディーを組み合わせて完成です。

 

まとめ

DD51のカプラーとは構造が違いましたが、どちらもそれほど難しくはありませんでした。
この記事がわたしと同じようにカプラー交換にしり込みしている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-Nゲージ

© 2021 RAYの遊びdeGO