飛車落ち指導対局

飛車落ち 第百四局  中倉宏美女流二段戦

LPSA金曜サロンの様子

宏美先生との九局目となります。
前局に負けて四勝四敗の五分となりました。
勝ち越しとなるでしょうか。
 

スポンサーリンク

 

中倉宏美女流二段戦


スポンサーリンク

感想戦

3三銀型に対しては陽動振り飛車も悪くありませんが、居飛車党としては本局のように矢倉で対抗すると、駒が綺麗に整っていて気分が良いですね。
矢倉に組んでから棒銀に出ました。
作戦は成立していましたが、64手目に▲4五歩と突いていれば、2四に銀が居るので△3五銀とかわすことが出来ずに取る一手でした。
それから▲1三香成を決行すれば、最後に▲1三角成と金を取って駒得出来るところでした。
いくつかのミスはありましたが、ガッチリと矢倉に囲った効果で下手が優勢を維持して終盤まで来ました。
104手目の▲8一銀が大悪手で一気に逆転するところでした。
ここは▲8六桂と打って△9九金に▲8八銀と手を戻せば下手優勢でした。
▲8一銀に対しては△7一香と受ければ下手の攻めは切れていました。
しかし宏美先生は攻め合いで△9九金と詰めろを掛けて来ました。
確かに上手玉は詰まずに下手玉に詰めろを掛けて勝ちという読みは、通常なら正解でしょう。
しかし、△9九金に▲7二馬△9三玉と王手から詰めろを掛けてからの▲8八玉という受けがありました。
自ら敵の攻め駒に向かっていく危険な手なので気付きにくいのですが、これで詰めろが消えています。
△8九金は▲9八玉と銀を取れるので△8九銀成ですが、▲7八玉と戻れば有効な王手がありません。
プロでもうっかり見落とすような▲8八玉という絶妙手がありました。
この手があるので▲8一銀に対しては△7一香と受けなければいけなかったのです。
とは言っても、そんな絶妙手を級位者が指せるはずも無く負かされました。
こんなすごい手があったとは、将棋は奥深くて面白いと改めて感じました。

宏美先生、ご指導ありがとうございました。

 

対局情報

対局日 :2009年6月12日
棋 戦 :LPSA金曜サロン
対局場所:LPSA駒込

飛車落ち対戦成績

対女流棋士:43勝49敗

藤森奈津子女流三段
○○●○○●●●○●
中倉彰子女流初段
○○○○●●
松尾香織女流初段
○○○●●○●○○●
●●
島井咲緒里女流初段
●●●○○○○
大庭美樹女流初段
●○○○●
中井広恵女流六段
●●●●○
中倉宏美女流二段
○○●○●●○●●
藤田麻衣子女流1級
●●○○●●○
北尾まどか女流初段
●●●●●○
船戸陽子女流二段
●●●●●○●○
合計成績:46勝58敗 

 
 
 
前局はこちら
第百三局  神田真由美女流二段戦
 
次局はこちら
第百五局  中倉彰子女流初段戦

スポンサーリンク

-飛車落ち指導対局
-

© 2021 RAYの遊びdeGO