飛車落ち指導対局

飛車落ち 第七十二局 鹿野圭生女流初段戦

LPSAマンデーレッスンの様子


マンデーレッスンに鹿野圭生女流初段登場。
かのたま先生はわたしが将棋を始めたころに将棋マガジンで『タマの目』というコラムを連載していて、毎月楽しく読ませて頂いていました。
かのたま先生は関西所属なので、東京で暮らしているわたしが指導を受ける機会はほとんどありません。
かのたま先生と指せる貴重な機会を無駄にしないようにマンデーレッスンに参加しました。

 

スポンサーリンク

鹿野圭生女流初段戦

かのたま先生との二局目となります。
前回負けているので何とか勝ちたいですね。
勝利記念扇子サイン勝負を挑んで対局開始です。
 

スポンサーリンク

感想戦

106手目で▲3二とと攻め合っていれば下手が優勢でしたが、どう見ても△6七金と打たれて潰れそうに感じました。
109手目はかのたま先生の悪手でした。
公式戦だったら自玉が詰まない事を読み切らないと△8六角とは指さないでしょう。
多面指しの指導対局なので、パッと見て詰まないと思ったのだと思います。
下手勝ちの局面になったのですが、当然わたしの棋力で19手詰めなどわかるはずも無く、再度逆転。
終盤は下手勝ち→上手勝ち→下手勝ち→上手勝ちと、目まぐるしく形勢が入れ替わる将棋でした。


かのたま先生に頑張られちゃいました。
ぴえん!

かのたま先生、ご指導ありがとうございました。

 

対局情報

対局日 :2009年1月19日
棋 戦 :LPSAマンデーレッスン
対局場所:LPSA駒込

飛車落ち対戦成績

合計成績:32勝40敗 

 
 
 
前局はこちら
第七十一局 藤森奈津子女流三段戦
 
次局はこちら
第七十三局 鹿野圭生女流初段戦

スポンサーリンク

-飛車落ち指導対局
-

© 2021 RAYの遊びdeGO