飛車落ち指導対局

飛車落ち 第四十六局 島井咲緒里女流初段戦

LPSA金曜サロンの様子


ペコ先生の指導風景。

 

ペコ先生との五局目です。
ペコ先生とは最初三連敗しましたが、前局で初勝利を上げました。
連勝成るか。

 

スポンサーリンク

 

島井咲緒里女流初段戦


スポンサーリンク

感想戦

ペコ先生は最初の三局は3三銀に構えて、わたしは全て負けました。
四局目で3三角型に構えてわたしが勝ちました。
五局目の本局も3三角型のペコ先生に勝ちました。
ペコ先生は3三角型を指しなれていないのではないでしょうか。
13手目の△6二銀は▲7九角に△2二角と引いて角交換拒否型の時の指し方ですね。
角交換を受けるのであれば△6二玉が先です。
そうしないと▲8二角が生じてしまうので、本譜のように△7一金という一手が必要になってしまいます。
更に25手目の△5三銀が急ぎ過ぎの手でした。
6二玉か5二金の状態なら離れ駒にならないのですが、金を7一に寄った為に下手に▲2二歩の手段を与える事になってしまいました。
44手目で飛車を成り込んだ時は「これはすぐに勝てそうだ」と思いましたが、△4一香と受けられてからはなかなか決め手を与えてくれないあたりは流石ですね。


棋譜用紙に記名して頂いて指導対局終了。
ペコ先生、ご指導ありがとうございました。

 

扇子サイン勝負


LPSAで指導対局を受けるときに、「もしわたしが勝ったら扇子にサインをしていただけますか」とお願いをして対局開始。
ぴえこ先生、かおりん先生、宏美先生のサインを頂きました。
当然ペコ先生にもサイン勝負をお願いしようと思っていたのですが、植山先生からストップが掛かりました。
「棋士の扇子が売られているように、棋士が扇子にサインをするのは特別な事なのです。簡単に扇子にサインをするのはどうなのかと思うので、一度LPSAで対応を検討します。結論が出るまで扇子へのサインはしばらく遠慮してください」
せっかくペコ先生に勝てたのですが、残念ながらサインはおあずけとなりました。
 

対局情報

対局日 :2008年8月22日
棋 戦 :LPSA金曜サロン
対局場所:LPSA駒込

飛車落ち対戦成績

対プロ棋士:0勝4敗

合計成績:22勝24敗 

 
 
 
前局はこちら
第四十五局 中倉宏美女流初段戦
 
次局はこちら
第四十七局 北尾まどか女流初段戦

スポンサーリンク

-飛車落ち指導対局
-

© 2021 RAYの遊びdeGO