飛車落ち指導対局

飛車落ち 第十二局  石橋幸緒女流王位戦

金曜サロンの様子

先週はタイトル経験者の中井先生に教わりました。
今週は現役タイトルホルダーの石橋幸緒女流王位との対局です。
現役のタイトルホルダーと盤を挟むのは初めての体験です。
2週連続でタイトル経験者と指導対局を指せるなんて、なんて贅沢な事だろう。
将棋ファンとしては至福の時間を過ごす事が出来ました。

スポンサーリンク

石橋幸緒女流王位戦


スポンサーリンク

感想戦

序盤の駒組みは、飛車落ちでは初めて見る金開き中住いの構えに面喰いましたが、そこそこ上手く対応出来ました。
49手目、△5五歩と上手から仕掛けてきましたが、▲5五同歩と取らずに▲7四歩△同角▲7五銀と指していれば、馬を作られないので紛れは少なかったかもしれません。
それでも▲7四歩から銀桂交換をして▲6四桂を狙う攻めも悪かったわけではなさそうです。
71手目の△6七歩に対し、怖がらずに▲3一角と攻め合ったのが好判断だったようです。
飛車を渡して危険なようですが、3一の角と5四の歩、7四の歩の存在が大きいので、下手が大優勢となりました。
86手目に▲4一角と打ちましたが、詰みを読み切ったわけではありません。
ただ、上手の攻め駒も少ないので、詰まさなくても勝てそうだとの大局観で攻めました。

たいふー先生、ご指導ありがとうございました。

 

対局情報

対局日 :2008年2月15日
棋 戦 :LPSA金曜サロン
対局場所:LPSA駒込

飛車落ち対戦成績

合計成績:7勝5敗 

 
 
 
前局はこちら
第十一局 中倉彰子女流初段戦
 
次局はこちら
第十三局 中倉宏美女流初段戦

スポンサーリンク

-飛車落ち指導対局
-

© 2021 RAYの遊びdeGO