飛車落ち指導対局

飛車落ち 第百四十四局 石橋幸緒女流四段戦

金曜サロンの様子

2009年12月25日、この日は普通に仕事へ行きました。
朝の忙しさが一段落する10時過ぎに、一服しながら携帯でサイトをチェックするのが日課になっています。
この日も携帯でサイトを見て回ると、LPSAのホームページに『金曜サロン(25日)の常駐棋士が変更になりました。』というのを発見しました。
年内の金曜は仕事でサロンへは行けないので、常駐棋士が誰なのかは最初から気にしていませんでした。
誰から誰に変更になったのかなぁと思って見てみると、奈津子先生からたいふー先生へ変更になったとありました。
一部がたいふー先生で二部がかおりん先生です。
まどか先生去りし後、LPSAでの指導対局はたいふー先生が一番楽しいです。
好きな先生に指導を受けられるとあっては、居ても立ってもいられなくなりました。
この日は一年で一番忙しくなるだろうと思われている日です。
昼間に少しサボっても、夜に挽回できるだろうと考え、昼に棋譜ノートやカメラなどを取りに家へ戻って、サロンへ向いました。

サロンの向かいにあるコインパーキングに車を入れて、サロンへ向かいました。
インターフォンから植山先生の声が聞こえました。
そういえば、12月19日の大野教室の放課後、中井先生が植山先生に「25日はクリスマスだから、あなたはサンタの格好をしてね。」と言っていた事を思い出しました。

 


サロンへ入って植山先生にご挨拶。
わたしが年内の金曜は仕事で、サロンへ来られない事を知っているので、植山先生は驚いて「今日はどうしたんですか?」
「いやぁ、ホームページを見たら、担当がたいふー先生に変更になったと書いてあったので、これは仕事なんかしてる場合じゃないと思って来ちゃいました(笑)。」

 


「あれっ?植山先生、サンタの格好をするんじゃなかったんですか?」
「いやぁ、すでにあちらにサンタがいるのでわたしはいいでしょう(笑)。」

 


たいふー先生がサンタの衣装をまとっていました。

 


受付のテーブルにクリスマスバージョンのどうぶつしょうぎがありました。

 


初めは奥で四面指しでした。
いつも一部は人数が多くないので、奥で四面指しが標準の配置です。
二部は手前のスペースでの四面指しが標準です。
しかし、二部は仕事帰りの会員さんで人数が増える事が多いので、手前のスペースにテーブルを増やして六面や八面にする事があります。
この日は早くから会員が多く訪れたので、指導対局をこなせなくなってはいけないという事で、わたしの指導対局が始まってすぐに、手前に場所を移動して六面指しになりました。

 


暫くすると植山先生もサンタに変装。
この後、最後までこの姿で手合い係りを務めていました。

 


たいふー先生の肩書は今まで女流王位でしたが、先月のタイトル防衛戦に敗れて、残念ながら女流四段となってしまいました。

スポンサーリンク

石橋幸緒女流四段戦


たいふー先生との四局目となります。
たいふー先生にサイン勝負を挑みました。
この将棋は対局後に『流れるような素晴らしい手順』と褒められた将棋です。
それでは見てください。
 

スポンサーリンク

感想戦

84手目の▲5三角成に気付かなかったのが残念ですが、実戦の流れの中で▲5三角成が指せるようならば、もう飛車落ちも卒業でしょうね。
勝ち将棋を一手バッタリで落とすという、わたしならではの将棋でした。

たいふー先生、ご指導ありがとうございました。

 

対局情報

対局日 :2009年12月25日
棋 戦 :金曜サロン
対局場所:LPSA駒込

飛車落ち対戦成績

対女流棋士:54勝65敗

藤森奈津子女流三段
○○●○○●●●○●
●○●
中倉彰子女流初段
○○○○●●○○●●
松尾香織女流初段
○○○●●○●○○●
●●○●○
神田真由美女流二段
●●○○○
島井咲緒里女流初段
●●●○○○○
大庭美樹女流初段
●○○○●○●●
中井広恵女流六段
●●●●○●
中倉宏美女流二段
○○●○●●○●●○
藤田麻衣子女流1級
●●○○●●○●●○
北尾まどか女流初段
●●●●●○
船戸陽子女流二段
●●●●●○●○●●
合計成績:59勝85敗 

 
 
 
前局はこちら
第百四十三局 植山悦行七段戦
 
次局はこちら
第百四十五局 松尾香織女流初段戦

スポンサーリンク

-飛車落ち指導対局
-

© 2021 RAYの遊びdeGO