飛車落ち指導対局

飛車落ち 第四局   中倉彰子女流初段戦

LPSA金曜サロンの様子

前週の金曜サロンが楽しかったので、次の週も金曜サロンにお邪魔しました。
初の金曜サロンは夕方に行ったので、指導対局は1局のみでした。
午後一から行けば二局指せると知りました。
この日は二局指そうと思い午後一番に行きました。
一部担当は中倉彰子女流初段です。
あっこ先生は指導対局の指し手全てをブログで公開する事を許可していません。
局面図なら良いという許可はもらえたので、本局は棋譜再生ではなく局面図で紹介します。

スポンサーリンク

中倉彰子女流初段戦



序盤は引き角の定跡通りに進んだのですが、あっこ先生は△4二角と引きました。
この手は初めて指されました。

 


△4二角から△3三桂とされて角交換は出来ませんでした。
こちらは引き角から2筋の歩を切りました。
ここからあっこ先生は△7五歩▲同歩△同角と動いてきました。

 


わたしは▲1五歩△同歩▲1二歩と1筋から攻めて、1筋にと金を作る事に成功しました。

 


飛車のこびんを狙って△6四角と引いた手に▲4六角とぶつけて角交換になり、あっこ先生が△4七角と打ち込んだところです。
ここから▲2三と△3六角成▲3二と△2七歩▲6八飛と進みました。
飛車は抑え込まれましたが、駒得出来たので下手十分の進行です。

 


得した桂馬を▲7五桂と打った局面です。
急所の桂打ちで▲8三角からの寄せが見えてきました。

 


すぐに▲8三角と打っても△8二玉と逃げられると次の攻めがありません。
そこで▲6三香と打って金を剥がしに行きました。
ここから▲6二香成△同銀としてから▲8三角と打ちました。

 


今度は金を剥がした効果で△8二玉に▲6一角成と馬を作れます。
受けが利かないので、あっこ先生はここで投了しました。

スポンサーリンク

感想戦

初めての角交換拒否型の△4二角と引く作戦に対して上手く対応出来たと思います。

あっこ先生、ご指導ありがとうございました。

 

対局情報

対局日 :2008年1月18日
棋 戦 :金曜サロン
対局場所:LPSA駒込

飛車落ち対戦成績

合計成績:4勝0敗 

 
 
 
前局はこちら
第三局 藤森奈津子女流三段戦
 
次局はこちら
第五局 松尾香織女流初段戦

スポンサーリンク

-飛車落ち指導対局
-

© 2021 RAYの遊びdeGO